英英辞典のすすめ (英語学習をしている方へ)

「日本人は英語の読み書きは出来るが話せない。」これはよく言われるせりふですが、
日本人は英語が話せないと言う意味で使われます。
そして「読み書きは出来る」と言う部分も、また当然のように思われています。

しかし、果たしてそうでしょうか。実際は本当の意味で読み書きが出来るという人は、
ごく限られた人だけではないかと思います。

「読む」というのと「英文和訳」
「書く」というのと「和文英訳」

とを混同して錯覚しているのではないでしょうか。
英語を一度読んだだけで意味がわかる。----それが読むということで、
もう一度最初に逆戻りして訳していくというのは
「読む」という行為とは別のものなのです。

この「英語を読む」という習慣をつけるのに欠かせないのが
英英辞典(英語を英語で説明してある辞典、つまり英米の国語辞典)です。

私は、英英辞典を使わずして真の英語力がつくことはない、と信じて疑わないものの一人です。
もちろん、最初のうちは英和辞典に頼るほかはないでしょうが、
出来るだけ早く乳離れ(英和辞典離れ)をして
英米人に通じる英語力(読む・書く・話すの全ての点で)を身に付けていただきたいものです。